The Way for reaching Peace of Mind 心の平安を得る

(後半に日本語)Since I was in my teens, I had learned more than 30 lessons. I am curious to learn new things, among the lessons I have been particularly interested in Japanese culture. When I was young, I didn’t understand why I was attracted to Japanese culture.

As I got older, I began to realize that Japanese culture has a calming effect. When I faced my hardship, I devoted myself to some Japanese culture such as tea ceremony, calligraphy, flower arrangement and so on. In Japanese, these cultures are respectively called the way of tea, the way of writing, the way of flowers. They are related to meditation in Zen Buddhism.

Concentrating all one’s attention to one thing is making the mind empty situation. No fear, no sorrow, no anger and no other negative feelings exist and we feel peaceful. Through my past experiences, I learned traditional Japanese cultures are the way to obtain the peace of mind.

I believe there are various ways besides Japanese culture, for reaching this condition of mind. If we find appropriate ways for making ourselves obtain the peace of mind in accordance with our situations where each of us is placed, everyone can always be happy. I believe a happy person can make the other people happy, then the world will be more comfortable to live.

好奇心が強く10代の頃から、興味を抱くと習いたくなる性格で、これまでにやったお稽古事を数えると30以上になります。その内容を振り返ってみると、若い頃から日本文化に関するものが多く、当時はなぜ自国の文化にそれ程惹かれるのか、よく分からないままレッスンを受けていました。 自分にとって日本文化は心を癒す存在であると感じ始めたのは年齢を重ねてから。人間関係などでつらい状況に置かれると、茶道や書道、華道、香道といったいわゆる道の文字が付く伝統文化が常に身近にありました。 静かな部屋で一心にそうしたことやっていると、次第に心が無の状態というか、やっているものと一体になっていくようで、悲しみや不安、憤りといった負の感情が薄れて気持ちが静まっていくのでした。  禅の瞑想につながるものでしょうが、私の場合、座禅ですと無心になるのが難しく、花を生ける、筆で文字を書くといった一人で行える静かなものをやりながらが向いているようです。イギリスの知人にそんな話をしたら彼は「自分はテニスをしているとそうした気持ちになる。The Way of Ball だ」なんて言っていました。  自分の心が平安になれるものを見つければ、気持ちもゆったりとして周囲の人にも優しくなれるし、それによって世の中も居心地の良い場所になっていくのでしょう。