English and me

I learned English from Japanese teachers for 6 years at public junior and senior high schools. Studying English those days was centered on grammar. The conversation was not included in the curriculum. My pronunciation had a strong Japanese accent and I was very poor in listening to English. Despite majoring in English language at university, I could hardly speak English when I graduated from it. I always had wanted to speak fluent English, however, I was aware that I was not good at English.

In my twenties, I wandered around Europe alone for a year.  I was curious to know my unfamiliar countries. I enjoyed the trip, but I had difficulty talking to the local people everywhere I went. Even though I could understand what they said, it was difficult for me to keep the conversation going.  They often asked me about Japan; its politics, culture, food and so on. I realized how I didn’t know about my country.

In 1992, I founded a cultural exchange organization. Part of my responsibility was instructing the Japanese people on how to introduce a variety of Japanese culture to foreign people in basic English. This situation helped me learn English with clear goals and deepen my interest in Japanese culture. In addition to that, I started to present Japanese culture to foreigners.  As I repeated this practice, I was able to enjoy conversation in English as much as I wanted.  Through my experience, I realize that introducing Japanese culture in English can be a fun way to learn English.

6年間学んだ公立の中学、高校では、英語教師はすべて日本人でした。当時の授業は文法が重視され、学校以外でネイティブの英語を学ぶことをしなかった私の発音はカタカナ英語で、ネイティブの英語を聞き取る能力はありませんでした。そんな状況でネイティブ講師の授業がある大学で英語を専攻したのですが、それは苦痛以外の何物でもなく、卒業してもほとんど英語を話すことはできませんでした。 思うように英語が話せるというのは、当時の自分には実現できそうもない夢だったのです。

20台に1年間ヨーロッパを一人で放浪しました。目にするものすべてが新鮮で本当に楽しい日々ではありましたが、現地の人との会話には苦労しました。何を話しているのかやっと聞き取れても、彼らが日本の政治や、文化、食べ物などを尋ねてくると答えられない時が多かったのです。自国のことをあまりにも知らない、そして意見を求められてもなんと言って良いのか戸惑ってしまう自分、英語を流暢に話すというのはこうしたことにも答えられないといけない現実に初めて気付いたのでした。

1992年に国際交流団体を設立し、中学で習う基礎英語で外国の方々に日本文化を紹介する方法を老若男女の日本人に指導するようになりました。そこで初めて英語学習のはっきりした目標ができ、それが大きな転機になって、その後どんな状況でも私は細々ながらも英語を学び続けられるようになったのです。日本文化を幅広く学びたいという意識も高まりました。その傍らで、外国の方々に日本文化を紹介するという実践を繰り返していると、いつしか話題が途切れることなく英語で話ができるようになっていました。自分自身のこうした経験を振り返ると、英語で日本文化を紹介するのは楽しく英語を学ぶ一つの手段にもなり得ると実感します。